ここから本文です

2打差4位のイ・ボミ 4年ぶりメジャータイトルへ好発進の2つの理由

5/4(木) 19:05配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇4日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

ボミ、レクシーから“セクシー・クイーン”もミニスカで登場!初日のLIVE写真はこちら

茨城ゴルフ倶楽部にて開幕した国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」。その初日、2013年以来のメジャータイトルを狙うイ・ボミ(韓国)が3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。2アンダーで4位タイにつけた。

「思った以上に風が吹いて難しかった。その中でボギー1つにまとめられて嬉しい」と笑顔を見せたボミ。理由は2つあった。

1つは先週のオープンウィークでいつもはしないコースでのラウンドを入れたこと。「いつもは練習場だけですが、今週はアライメントを修正したかったのでコースに行きました。それで良くなっています」とショットが復調したという。

そしてもう1つが今日の7番で3パットしたときに気付いたパットのルーティン。「打つ前に入れるイメージを出して素振りするのですが、その時に“入れたい”という気持ちが強くなりすぎて固くなっていました。もっとリラックスするように心がけました」。すると次の8番では4m、そして上がりの9番では5mのパーパットを決めて大歓声を引き出した。

4年ぶりのメジャー制覇へ上々の立ち上がりを見せたが、明日からも普段通り臨む構え。「メジャーで勝ちたいけど、その意識が強すぎると良いプレーが出来なくなります。いつもの試合と同じような心もちで戦っていきたいですね」と意気込みを語った。

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>