ここから本文です

エヴァートンMFレノン、ストレス性疾患で保護 クラブは選手の治療を明かす

5/4(木) 11:59配信

ISM

 エヴァートン(イングランド)は現地時間3日(以下現地時間)、MFアーロン・レノンが警察に保護されたとの現地メディアの報道を受け、同選手がストレス性疾患の治療を受けていると発表した。

 地元警察によると、レノンは2日に精神保健法の下で警察に拘束され、病院に搬送された。これがメディアに報じられたことを受けて、エヴァートンは3日に同選手が治療を行っていることを明かし、選手への支援を表明。これに続き、PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)とレノンのエージェントである「Base Soccer Agency」社も、それぞれ支援を申し出た。

 レノンは2月11日のミドルスブラ戦で後半途中から出場して以降、試合に出ていない。(STATS-AP)

最終更新:5/4(木) 11:59
ISM

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1