ここから本文です

闘うヤギに500人熱狂 本部町瀬底島

5/4(木) 12:55配信

琉球新報

 【本部】ヤギ同士を闘わせる瀬底島ピージャーオーラサイ(同保存会主催)が4日、本部町瀬底島のナカタ商会敷地内で開かれた。町内外から約500人が訪れ、ヤギの刺し身やヤギ汁を頬張りながらヤギの闘いに熱く見入った。
 本部町や名護市からヤギ20匹が参加した。両前脚を上げ体を下ろす勢いを利用して角をぶつけるダイナミックな闘い方をするヤギから、対戦相手と仲良くなるヤギ、逃げ出すヤギなど個性豊かな〝対戦〟に会場は笑いにあふれた。
 那覇市から訪れた向井徹雄さん(81)は「毎年(ピージャーオーラサイを)待ちかんてぃーしている。ここで食べるヤギ汁と刺し身がおいしい」と満足げに話した。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:5/4(木) 12:55
琉球新報