ここから本文です

川崎フロンターレ、執行猶予1年の無観客試合…ACLにおける旭日旗掲出で処分

GOAL 5/4(木) 16:00配信

アジアサッカー連盟(AFC)は4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)における差別行為や観客の不正行為に関して、3つのクラブに処分を下した。対象となったクラブは、ネジメSC(レバノン)、広州恒大(中国)、川崎フロンターレとなる。

川崎Fは4月25日に行われたアウェイの水原三星ブルーウィング戦で、サポーターが旭日旗を掲出。この行為に対して、1年の執行猶予付きでAFC主催のホームゲーム1試合を無観客とする処分を科した。また、罰金として1万5000ドル(約167万円)が課せされた。

GOAL

最終更新:5/4(木) 16:00

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合