ここから本文です

栗原類「意外とボブヘア評判いいんですよ」

5/4(木) 18:49配信

東スポWeb

 俳優・志尊淳(22)、栗原類(22)、女優・大野いと(21)が4日、神奈川県のKAAT神奈川芸術劇場で舞台「春のめざめ」(23日まで)の最終ゲネプロ前に囲み取材を行った。

 将来を期待される志尊ら若手俳優たちが、ドイツの劇作家フランク・ヴェデキント(1918年没)の名作戯曲に挑む。思春期の少年たちの性の目覚め、生きることへの葛藤、大人たちの抑圧を描いた同戯曲は当時、上演禁止になったほどのセンセーショナルさが話題となった。

 主役・メルヒオールを演じる志尊は「座長って意識はあんまりないです。まだ、一度もみんなとご飯に行ってないので、千秋楽までには行きたい」と目の前の役作りに一生懸命で、周りを見る余裕はまだないという。大野も「稽古での志尊さんの一生懸命さを見てたら、真剣さが伝わる」と話す。

 この舞台を通じて、大野は「メークさんから聞いたんですけど、(メークの時にほほに)チークをたくさん乗せるとかわいいことに気付きました」と化粧のコツをつかんだそう。栗原は「僕は普段、長髪で胸ぐらいまであることもあるが、意外と肩ぐらいのボブヘアのいいことに気付いた。評判がいいんですよ」とのことだった。

最終更新:5/4(木) 18:49
東スポWeb