ここから本文です

キャリア22年目のブッフォン 共にプレーしたベスト11を年代別に選出

5/4(木) 16:46配信

ISM

 ユヴェントス(イタリア)とイタリア代表で長期にわたり絶対的な守護神を務める39歳のジャンルイージ・ブッフォン。今季がキャリア22年目の同選手が共にプレーした選手の、10年ごとのベストイレブンを、英サイト『squawka』が現地時間3日(以下現地時間)に紹介している。

 1995年にわずか17歳ながら、パルマ(イタリア)でその偉大なプロキャリアをスタートさせたブッフォン。2001年にユーヴェに加入すると、7度のセリエA制覇など数々のタイトルを獲得。3日に行なわれたチャンピオンズリーグ準決勝・モナコ戦でも好セーブを連発し、2対0での完封勝利に大きく貢献した。

 イタリア代表としても19歳でデビューすると、2006年のW杯制覇を経験。キャップ数は同国史上最多の168を数え、前月にはクラブ・代表通算1000試合出場を達成した。名実ともにイタリア史上最高のGKの1人となっている。

 長きにわたってハイレベルなパフォーマンスを維持し、数々のタイトルを獲得してきたブッフォンは、これまで多くの名選手たちと同じピッチに立ってきた。そこで『squawka』は、同選手が共にプレーした選手の中で1990年代、2000年代、2010年代それぞれのベストイレブンを選出した。

 以下は、『squawka』が紹介したそれぞれの年代ごとのベストイレブン。

●1990年代
チーム:パルマ、イタリア代表

DF:リリアン・テュラム
DF:アレッサンドロ・ネスタ
DF:ファビオ・カンナヴァーロ
DF:パオロ・マルディーニ

MF:アリエル・オルテガ
MF:ロベルト・バッジョ
MF:ファン・セバスティアン・ベロン
MF:フリスト・ストイチコフ

FW:クリスティアン・ヴィエリ
FW:エルナン・クレスポ


●2000年代
チーム:パルマ、ユヴェントス、イタリア代表

DF:リリアン・テュラム
DF:アレッサンドロ・ネスタ
DF:ファビオ・カンナヴァーロ
DF:ジャンルカ・ザンブロッタ

MF:エドガー・ダーヴィッツ
MF:アンドレア・ピルロ
MF:パヴェル・ネドヴェド
MF:アレッサンドロ・デルピエーロ

FW:ダヴィド・トレゼゲ
FW:フランチェスコ・トッティ


●2010年代
チーム:ユヴェントス、イタリア代表

DF:アンドレア・バルザリ
DF:レオナルド・ボヌッチ
DF:ジョルジョ・キエッリーニ

MF:ダニエウ・アウヴェス
MF:アレックス・サンドロ
MF:マルコ・ヴェッラッティ
MF:アンドレア・ピルロ
MF:ポール・ポグバ

FWパウロ・ディバラ
FW:カルロス・テべス

最終更新:5/5(金) 17:07
ISM