ここから本文です

ドルトムントMFヴァイグル、先輩シュバインシュタイガーから受けた助言を明かす

GOAL 5/4(木) 17:49配信

ボルシア・ドルトムントのMFユリアン・ヴァイグルは、元ドイツ代表のバスティアン・シュバインシュタイガーに相談することがあるようだ。先輩から最近受けたアドバイスをドイツ誌『シュポルト・ビルト』で明かしている。

2015年夏、19歳の若さで2部1860ミュンヘンからやってきたヴァイグルは、ドルトムントですでに公式戦92試合に出場。中盤のバランサーとして見せる落ち着いたプレーで同チームの中心選手の1人になり、ドイツ代表でも5キャップも記録している。

だが、ヴァイグルはそれでも「たくさんの試合に出場し、たくさん褒められるが、まだブンデスリーガやチャンピオンズリーグプレーヤーとして定着していない。まだスタート地点に立ったばかりで、謙虚でいなければいけない」とコメント。自身をスターと見ていないことを強調する。

ヴァイグルはまた、同じバイエルン州出身で現在アメリカのシカゴ・ファイアーでプレーするシュバインシュタイガーに相談していることも明かしている。次のように続けた。

「彼とは1~2度電話で話し、それ以降は『ワッツアップ』を通じて連絡し合っている。毎日じゃないけど、気になることがあればコンタクトしているよ。そうすると、本当にちゃんと考えてくれていることが分かるんだ。彼は最近のメッセージで僕のプレーを褒めてくれたけど、パーソナリティーとしてピッチ上でもっと“悪く”なってもいいと書いてきたよ」

シュバインシュタイガーからの助言は、審判に意見を訴えるのも仕事であることを意味しているという。32歳のベテランは、ヴァイグルはプレー以外の面で今後成長を遂げられると考えているようだ。

GOAL

最終更新:5/4(木) 17:49

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合