ここから本文です

<浜松まつり>1年越し「念願」初だこ 砂山町の伊藤さん

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/4(木) 8:35配信

 砂山町(中区)は、伊藤恵一さん(32)と京さん(29)夫妻の長男で昨年のまつりにけがで参加できなかった結太ちゃん(2)の初だこを1年越しで揚げた。京さんは「元気な結太の前で揚がってよかった」と大空を舞う念願のたこを感慨深げに見守った。

 結太ちゃんは昨年4月中旬、公園の遊具に頭をぶつけて救急車で運ばれ、5日間入院。退院後も体調が優れなかった上、夫妻には「縁起の良いたこにしたい」との思いもあったため、初だこは今年のまつりまで1年持ち越した。

 この日、同町のキツネのたこ印が描かれた法被姿で元気に会場にやって来た結太ちゃん。今年に入って言葉が話せるようになってきたといい、キツネ印のたこを見つけると「こんこん」と空に腕を伸ばした。町衆から温かい祝福を受けた恵一さんは「結太が元気に育ってくれるよう願いました」と笑顔で語った。

静岡新聞社

最終更新:5/4(木) 13:03

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS