ここから本文です

ユナイテッドCEOが謝罪、乗客引きずり降ろし問題 米下院委公聴会

ロイター 5/4(木) 11:53配信

[ワシントン 2日 ロイター] - 米ユナイテッド航空<UAL.N>のムニョス最高経営責任者(CEO)は2日、シカゴの空港で4月に乗客を引きずり降ろして負傷させた問題をめぐり、米下院運輸経済基盤委員会の公聴会で証言、謝罪の意を繰り返し表明した。

一方、出席した議員は顧客サービス改善を目的とした規制を導入する構えも示し、同CEOら米航空会社幹部の姿勢を追及した。

公聴会にはユナイテッド航空のカービー社長、アメリカン航空<AAL.O>、サウスウエスト航空<LUV.N>、アラスカ航空<ALK.N>の幹部も参加し、顧客サービスの不備に対応すると約束した。

マイケル・カプアノ議員(マサチューセッツ州選出、民主)は「誰もが(米国の旅客機利用が)ひどい経験であることが分かっている」と不満を表明。シュスター委員長は「航空業界がきちんと行動しなければ、われわれが行動を起こす。(規制は)すべてに当てはまる画一的な内容になるだろう。この機会を生かすべきだ。と言うのは、業界はわれわれの行動を望まないと見込まれるからだ」と述べた。

ただ、航空業界の監督を速やかに強化する計画が示されなかったため、4時間の公聴会は航空業界にとって一息つけるものとなった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:5/4(木) 11:59

ロイター