ここから本文です

清宮2発!91号はサヨナラ逆転場外弾

東スポWeb 5/4(木) 21:42配信

 早実は4日、東京都内の球場で秋田中央と練習試合2試合を行い、怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)は第1試合で2本塁打し、高校通算本塁打を91本に伸ばした。試合は11―10、9―2でいずれも早実が勝利した。

 清宮は初回の第1打席、真ん中高めに入ったボールをライナーで右越えに運んだ。打たれた2年生の安田は「外ギリギリを狙ったんですが、完璧に持っていかれました。ちょっとコントロールをミスっただけで打たれますね」と苦笑いを浮かべた。8―10の9回二死一、三塁では右翼へサヨナラ逆転3ランを場外に運んだ。西武・牧田の動画を参考に昨春に横手投げから下手投げに変更したというエース右腕の鈴木に「スイングが早くて、ボールが一瞬で消えた」と言わしめた。

 2003年夏に秋田高を率いて甲子園に出場した経験のある秋田中央の佐藤監督は「都大会決勝はネット中継で見ました。なかなか秋田にいると対戦できない打者。意外と高いところの方が打ち取れるのかな。バッテリーはそういうヒントを得られたと思う」と収穫を口にしていた。

最終更新:5/4(木) 22:03

東スポWeb