ここから本文です

AIIB、ADBと競合するものではない=黒田日銀総裁

ロイター 5/4(木) 18:04配信

[横浜市 4日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は4日、アジア開発銀行(ADB)の年次総会が開かれている横浜市で、中国が主導してアジアインフラ投資銀行(AIIB)が設立されたことは、膨大なアジアのインフラ需要に対応するために「結構なこと」と述べるとともに、ADBと競合するものではない、との認識を示した。

記者団に語った。

黒田総裁は2日にも、中国がAIIBの設立を主導し、アジア内外の国々が加盟していることは「いいことだ」との見解を示していた。

総裁は、あらためて「アジアはインフラニーズがものすごく大きい」とし、AIIBの設立によって「さらにインフラの支援をしていくことは結構なことだ」と前向きに評価。AIIBは、世界銀行やADBなど「国際的な開発銀行とは違う」と述べ、ADBなどと「競合するものではない」ことも強調した。

日本がAIIBに加盟する可能性に関しては「(AIIBへの評価と)その話は別だ。日本政府に聞いてほしい」と語った。

また総裁は、世界経済について「全体として成長が加速する状況になっている」とし、特にアジア地域は「非常に好調」と指摘。先行きについても、「アジアの経済や金融の中に内在的に大きな問題があるとは見ていない」との見解を示した。

もっとも、シリアや北朝鮮の情勢など地政学的リスクや重要な選挙が相次ぐ欧州の政治リスクなどを「経済や金融に影響を与え得るリスク」とし、「政治の適切な対応を期待する」と語った。

(伊藤純夫 編集:吉瀬邦彦)

最終更新:5/19(金) 17:55

ロイター