ここから本文です

≪ドラマNOW≫「師任堂(サイムダン)、色の日記」最終話

WoW!Korea 5/4(木) 23:51配信

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 4日に放送されたSBSドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」最終話では、フィウムダン(オ・ユナ)の息子が科挙に首席合格する様子が描かれた。

ソン・スンホンのプロフィールと写真

 それまで師任堂(イ・ヨンエ)がフィウムダンの2人の息子を育ててきたのだった。首席合格したと感謝のあいさつをしたジギュンに師任堂は行くべき所があると言って、フィウムダンの居住地を教えた。フィウムダンは飲み屋を営みながら静かに暮らしていた。二人の息子を見たフィウムダンは涙を流して喜んだ。

 師任堂は夫ウォンス(ユン・ダフン)にご飯を出しながら、これまでありがたく、申し訳なかったと言った。浮気のせいで父親を許せなかった子どもたちにも「父さんをもう少し理解してあげられたらよかった。あなたたちには良い父親だった」と言った。ウォンスと子どもたちは和解し、海辺で楽しい時間を過ごした。師任堂は背を向けて歩いていった。

 イタリアに発ったウィソングン(ソン・スンホン)は、師任堂の肖像画を描きはじめた。目覚めたウィソングンは不吉な予感がして外に走り出すと、懐かしさが混じったような大声を上げた。幻のように師任堂の姿を近くに感じた。師任堂と共にイタリアの道を歩き、横に座っているように手を差し出した。ウィソングンは師任堂を思いながら涙を流した。

 現代では、ギャラリーの館長(キム・ミギョン)が全ての真実を明らかにした。展示されている金剛山図はニセモノだと明かし、ジユン(イ・ヨンエ2役)が本物を持っていることを伝えた。またジョンハク(チェ・ジョンファン)総長がこれを初めから知っていて隠蔽し、利用したことも公開した。その時、昏睡状態から抜け出したジユンが目覚め、夫に望むことはないと、幸せに暮らそうと言った。

 その後ジユンは、ラードの一員として偽作を選別する仕事を新たに始めた。ラードの首長(ソン・スンホン)からメッセージをもらい、イタリア・ボローニャの月の宮殿に向かった。

 ジユンは「ここにウィソングンと師任堂の悲しい恋が眠っている」と言い、ウィソングンが住んでいた宮殿を回った。ジユンと首長が遭遇した。宮廷を出る道にジユンは師任堂に会った。二人は共に笑みを浮かべた。師任堂の横にはウィソングンがいた。

 最後に師任堂は「私たちの魂は一つ。私が去っても別れではない。たたいて薄く伸ばした金箔のようにただ遠く離れたということだ」と独白した。

最終更新:5/4(木) 23:51

WoW!Korea