ここから本文です

イチロー、13打席ぶり安打で逆転劇演出 最終アウトを美技で締める

デイリースポーツ 5/4(木) 10:14配信

 「レイズ6-10マーリンズ」(3日、セントピータースバーグ)

 マーリンズのイチロー外野手(43)が「9番・右翼」で出場し、4打数1安打1四球。打率は・152(33打数5安打)。11試合ぶり今季4度目のスタメン出場で六回に4月21日のパドレス戦以来、10戦13打席ぶり(2四球含む)にヒットとなる右前打を放ってメジャー通算3035安打とした。チームは逆転勝ちで連敗を2で止めた。

【写真】イチロー凱旋弾を捕球した観客への贈り物は…

 イチローが快音を響かせたのは、2点を追う六回無死一、二塁の好機だ。敵地ファンの声援を受けて入った打席で2番手右腕、プルイットのカウント2-1からの4球目、外角146キロを右前へライナーで弾き返した。

 3者連続安打で無死満塁にすると、後続の4人にもヒットが飛び出して一挙5得点。怒とうの7者連続安打で逆転に成功した。

 試合前の選手紹介でも敵地ファンから拍手と歓声が起こったイチロー。三回の第1打席は、初顔合わせの先発左腕、スネルから四球を選んで出塁した。カウント3-1から内角150キロ直球をファウルにしてフルカウント。さらに2球連続ファウルの後の8球目、内角高めに外れた直球を見送って一塁へ歩いた。

 第2打席はオズナの特大8号ソロなどで1点差に詰め寄った四回2死二塁。初球、見送った高めのカーブをストライクと判定された後、外角151キロ直球、内角151キロ直球を連続でファウルにして追い込まれ、最後は4球目、外寄りの150キロを打って出たが、二ゴロだった。

 七回の第4打席は一ゴロ。無死一、二塁の場面でメジャー初登板の左腕、アルバラドが暴投し、無死二、三塁に。カウント1-2からの5球目、外角低めの135キロチェンジアップを前進守備の一塁手の左側に弾き返し、一塁手のタッチをかいくぐって滑り込み、一旦はセーフに。しかし、敵軍が要求したビデオ検証の結果、判定は覆った。

 今季初の5打席目となった九回は先頭で左飛。5番手右腕、ファークアに対し、カウント2-1から外角150キロ直球を左中間に打ち上げた。

 守備では九回に美技を披露した。2死一塁の場面でソーザが打ち上げた浅い飛球に快足を飛ばし、最後はスライディングしながら地面ぎりぎりでキャッチ。ここでも敵地ファンから歓声が上がった。

最終更新:5/4(木) 14:58

デイリースポーツ