ここから本文です

A・タルコフスキー作品をオールナイト上映、「ストーカー」「サクリファイス」など

映画ナタリー 5/4(木) 22:17配信

アンドレイ・タルコフスキーの監督作を集めたオールナイト上映企画が、5月6日に東京・新文芸坐にて開催される。

【写真】「サクリファイス」 (c)1986 SVENSKA FILMINSTITUTET(他3枚)

この企画では、旧ソ連の鬼才タルコフスキーの監督作3本を上映。戦争の悲惨さを12歳の少年の悲劇を通して描いた長編デビュー作「僕の村は戦場だった(デジタルリマスター版)」、ストルガツキー兄弟の小説をもとにしたSF「ストーカー(1979年)」、1986年のカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリをはじめ4つの賞に輝いた遺作で、核戦争勃発のニュースを聞いた元舞台俳優の男が、愛する者を守るため神に自らの命を捧げる「サクリファイス」がラインナップされた。

前売り券は劇場窓口およびチケットぴあにて販売中。

世界の映画作家Vol.184 春の夜の、アンドレイ・タルコフスキー
2017年5月6日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:15 / 開演 22:30 / 終演 翌5:40(予定)
<上映作品>
「僕の村は戦場だった(デジタルリマスター版)」
「ストーカー(1979年)」
「サクリファイス」
料金:一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満入場不可

最終更新:5/4(木) 22:17

映画ナタリー