ここから本文です

【巨人】マシソンが大竹救う0封!東京ドームでは被安打ゼロ

スポーツ報知 5/4(木) 6:06配信

◆巨人4―1DeNA(3日・東京ドーム)

 やはりこの男は、終盤に必要不可欠だ。マシソンが2点リードの7回1死一、二塁でマウンドに上がった。この回を無失点で切り抜けると、8回も続投。2死から筒香に四球を与えたが、ロペスを外角高めのスライダーで投ゴロに仕留めた。堂々のマウンドさばきだ。「一振りで試合が変わる選手。2人とも慎重にいった。マウンドに上がる時は、心配しながら投げることはないので」と胸を張った。

 「プレッシャーは投手より打者の方が比重が多い」。フィリーズ時代のコーチで、日本でも97年にダイエーでプレーしたロッド・ニコルズ氏から言われた言葉を大事にする。マウンドに立つ時はこの言葉を思い出し、打者の方が重圧を感じていると自分を勇気づける。「相手のベストの打者と対戦することに喜びを感じている」。今季初のお立ち台では「こういう立場で投げることに感謝してる」と笑顔を見せた。ピンチをチャンス変える投球を、今季も続けている。(玉寄 穂波)

最終更新:5/8(月) 20:37

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 7:50