ここから本文です

大阪桐蔭 五回コールド大勝で大阪大会8強

デイリースポーツ 5/4(木) 11:03配信

 「春季高校野球大阪大会・5回戦、大阪桐蔭11-1大阪偕星」(4日、舞洲)

 今春センバツ優勝の大阪桐蔭が、大阪偕星を五回コールドで下して準々決勝に進出した。

 0-1の初回、先頭の藤原恭大外野手(2年)が右翼席へ高校通算13本塁打目となる先頭打者本塁打。二回に1点を勝ち越すと、三回は打者11人の攻撃で6点を奪った。五回に山田健太内野手(2年)が左中間へ2点二塁打を放って試合を決めた。

 投手、内外野をこなす“3刀流”根尾昂外野手(2年)が腰を痛め、正二塁手の坂之下晴人内野手(3年)は打球を目に当てるアクシデントで出場を回避している状況で、3日の4回戦は関大北陽に苦戦。それでもしっかり修正して、投打で大阪偕星を圧倒した。

 西谷浩一監督は「結果的にこういう展開だったけど、(先発の)横川は立ち上がりに失点しているんでね。結果的に踏みとどまりましたけど」と快勝にも納得する様子はなかった。

 大阪桐蔭の先発は以下の通り。

 1番・中堅 藤原恭大外野手(2年)

 2番・遊撃 泉口友汰内野手(3年)

 3番・一塁 中川卓也内野手(2年)

 4番・三塁 山田健太内野手(2年)

 5番・右翼 山本ダンテ武蔵外野手(3年)

 6番・捕手 福井章吾捕手(3年)

 7番・二塁 加藤大貴内野手(3年)

 8番・左翼 坂本義生外野手(3年)

 9番・投手 横川凱投手(2年)

最終更新:5/4(木) 17:01

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 7:35