ここから本文です

DeNA 打順組み替えズバリ、5番・宮崎が先制1号2ラン

5/4(木) 14:41配信

デイリースポーツ

 「巨人-DeNA」(4日、東京ドーム)

 DeNAは、打線の組み替えが功を奏した。0-0の二回無死一塁。宮崎敏郎内野手が、3ボール1ストライクから巨人・宮国のスライダーに対して体勢を崩しながら捉えた。左翼スタンドに運ぶ先制の1号2ランとなった。

 2日からの巨人戦2試合で合計1得点と貧打にあえいでいたがこの日、打線にメスを入れた。3番に入れていた梶谷を2番に戻した。3番にロペス、5番には、3日に左脇腹痛から復帰したばかりの宮崎を据えた。

 「開幕前からの構想で、ベストなラインアップだと思います。なるべく早い回に点を取りたい」と試合前にラミレス監督は話していたが、この“テコ入れ”がズバリとはまった形だ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 6:05