ここから本文です

広島・大瀬良、2勝目ならず 1点リードの六回にピンチ招いて降板

5/4(木) 16:18配信

デイリースポーツ

 「広島-中日」(4日、マツダスタジアム)

 広島の先発・大瀬良大地投手が六回途中で降板した。

【写真】さすが丸!4号ソロから一挙4得点

 初回から安定した投球を見せていたが、四回につかまった。四球と野手選択などで1死二、三塁とし、ビシエドに左犠飛を放たれ、先制点を献上。2死一、二塁でゲレーロに左翼へ3ランを浴び追加点を許した。

 打線の援護もあり、5-4で迎えた六回。四球と安打で無死一、二塁とし、高橋を捕邪飛に仕留め1死。だが、続くゲレーロに左前打を放たれ満塁とした場面で中田に交代が告げられた。

 代わった中田は、代打・藤井を空振り三振に仕留め2死。代打・井領を迎えた。バットの先で捉えた打球は左前にポトリ。2点適時二塁打となり再び勝ち越された。

 これで大瀬良の2勝目は消えた。

スポーツナビ 野球情報