ここから本文です

大関とり高安 本場所までは出稽古中心「勉強になります」

5/4(木) 16:18配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所」(14日初日、両国国技館)

 大関とりに挑む関脇高安(27)=田子ノ浦=が4日、時津風部屋に出稽古し、横綱鶴竜(31)=井筒=の三番稽古の相手を務め2勝7敗。その前の正代(25)=時津風=らとの申し合いと合わせ計5勝9敗だった。

【写真】もうヘロヘロ…鶴竜“かわいがり”鬼指導

 「(横綱相手に)いろいろ考えて取り組みました。星はそんなに挙がってないけど、いろいろ試すことができて充実した稽古になった。立ち合いに集中してリラックスして、淡々と取ることを考えて取った」と納得顔。

 通常は部屋で兄弟子の横綱稀勢の里(30)と相撲を取り、場所初日まで仕上げるが、今回は横綱がリハビリ途上のため、積極的に出稽古に向かう。「横綱相手に三番稽古は勉強になります。得意な形になれば善戦できるけど、一つ二つまだ手が遅い。そういうところを磨きたい」と、修正点を挙げていた。