ここから本文です

【プリンシパルS】良血スイーズドリームス、最後のダービー切符狙う!

スポーツ報知 5/5(金) 7:04配信

◆プリンシパルS(芝2000メートル、6日・東京競馬場)

 ダービートライアルのプリンシパルS(6日、東京・1着馬に優先出走権)に出走するスイーズドリームスは父ディープインパクト、母スイープトウショウという良血馬。未勝利勝ちからの参戦で、競馬の祭典への切符をつかみ取るか。

 遅れてきた良血馬が最後の切符を狙っている。スイーズドリームスは母にG1・3勝のスイープトウショウを持つディープインパクト産駒。「良くなっている。東京の2000メートルというのはいいと思う。今回は試金石だね」と須貝調教師は、両親合わせてG1を10勝している愛馬に厚い期待を寄せる。

 今年2月と遅めだったデビュー戦は直線で内へ、外へ大きくヨレる暴れっぷりを見せたが、勝ち馬からタイム差なしの4着。スケールの大きさを感じさせた。今回は初勝利を挙げた3戦目以来、約2か月ぶりの一戦だが、これは須貝調教師の計画通り。レース直後には「プリンシパル1本でいく。鞍上は横山典で」と明言していた。大きな可能性を感じているからこそのローテーションだ。

 中間は1か月の短期放牧を挟んだ後、丹念に乗り込みを続けてきた。今週は余力残しだったが、先週の栗東・坂路では51秒3をマーク。「まだまだ未完成の状態で勝っているし、全体的に大人になっている。力まずに走れているし、よくなっている」とトレーナーは成長を感じ取る。高い素質で浅いキャリアを補い、競馬の祭典へ堂々と駒を進める。(山本 武志)

最終更新:5/5(金) 7:04

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ