ここから本文です

【MLB】43歳イチローの驚異的なスピードに公式サイトが脱帽

ISM 5/4(木) 15:16配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が現地3日、敵地で行われたタンパベイ・レイズ戦の9回に見せたスーパーキャッチが話題となっている。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』の『Cut4』が伝えている。

 9番ライトで先発出場したイチローは、4点リードの9回2死一塁の場面で、スティーブン・ソーザ外野手のライトへ飛んだ浅いフライをスライディングキャッチ。選手のプレーを解析する最新システム『Statcast』によると、イチローは捕球するまでに107フィート(約32.6メートル)を5.3秒で走っていたとのことで、これは1秒あたり28.5フィートの計算になるという。

 また、『Cut4』は同日にオークランド・アスレチックス戦で好守備を見せたミネソタ・ツインズのバイロン・バクストン中堅手を引き合いに出し、23歳の同選手は1秒あたり29.8フィートのスピードを記録していたことを紹介。43歳のベテランのいまだ衰えぬ俊足に、あらためて脱帽していた。

最終更新:5/4(木) 15:16

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 4:00