ここから本文です

【日本ハム】レアード「最高の気分」決勝3ラン!今季初3タテ

スポーツ報知 5/5(金) 8:01配信

◆日本ハム6―4ロッテ(4日・札幌ドーム)

 日本ハムのブランドン・レアード内野手(29)が4日のロッテ戦(札幌D)で今季7号決勝3ランを放ち、チームを今季初の同一カード3連勝へと導いた。

 快音を残した打球は、左中間席に設置してある巨大ボールに直撃した。大歓声の中レアードはベースを一周すると、何度も「すしポーズ」を披露した。初回2死一、三塁。1ボール1ストライクからの3球目。ロッテ先発・佐々木が投じた真ん中スライダーを完璧に仕留めた。2戦ぶりの一発に、助っ人大砲は「最高の気分。序盤で3点を取れてよかったよ」と笑みを浮かべた。

 打ち直しの一発だった。1ボールからの2球目には、内角高めの直球をジャストミートしたが、左翼ポールのわずかに左へ超特大ファウルとなっていた。それでも「感触がすごくよかったので、これは絶対に打ってやろうと思った」。ため息が残る球場に、歓喜の瞬間をもたらした。

 月が替わり、完全に息を吹き返した。4月を終え、打率は1割6分7厘と低迷していたが、5月に入ってから迎えたこの3連戦では打率4割6分2厘、2本塁打、6打点と爆発。昨季も5月に12本塁打をマークし、月間MVPを受賞しているだけに、「自分はだいたいスロースターターなので4月は毎年打たないけど、暖かくなってから打つよ。全然(ボールの)見え方は違うね」と胸を張った。

 5日からは好調の2位・オリックスと敵地で3連戦を戦う。「これで気持ちよく大阪にいけるね」。目を覚ました昨季の本塁打王が、チームを上昇気流に乗せていく。(後藤 亮太)

最終更新:5/12(金) 22:19

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 21:25