ここから本文です

【清水】小林監督、負の歴史止める!11戦勝ちなしG大阪戦

スポーツ報知 5/5(金) 8:07配信

 J1清水エスパルスは5日にG大阪と対戦(吹田S、午後2時)する。4日は三保で非公開調整。対G大阪は2009年から11戦勝ち星なし。7連敗中と苦戦しているが、小林伸二監督(56)は負の歴史を止めることを誓った。

 J通算200勝に王手をかけてから3試合、足踏みが続いている指揮官は「チームが(前節0―3の大敗から)リカバリーしたことを見せたい。しっかり守ればチャンスは来る」と力を込めた。

 スタメンにはメスが入りそうだ。ボランチはMF竹内の今季初先発が有力。また、2日の公開練習でFWチアゴ、鄭大世の2トップをテストしており、チアゴが初先発する可能性も。直近の公式戦4試合で2得点1アシストと好調の新助っ人は「チームのためにゴールを取るよ」と腕をぶした。

 G大阪には長谷川健太監督(51)、FW長沢駿(28)、DF三浦弦太(22)ら元清水選手が複数在籍。昨季まで三浦とセンターバックでコンビを組んだDF犬飼は「駿君は今までやった中で一番強いし、うまいから楽しみ。弦太には、やられたら悔しいから集中しないといけない」。5月初陣を制し、上昇気流に乗る。(武藤 瑞基)

最終更新:5/5(金) 8:07

スポーツ報知