ここから本文です

赤十字活動を理解 県立図書館で展示会 福島

5/4(木) 9:53配信

福島民報

 日赤県支部の赤十字運動月間キャンペーン「ふれて 学んで 赤十字パーク」は3日、福島市の県立図書館で始まった。31日まで。 
 運動月間に合わせて毎年事業を展開している。県立図書館での実施は初めて。赤十字マークの意味や赤十字活動の歴史、救護服、備蓄される救援物資など約50点を展示している。建物入り口には、ベゴニアやマリーゴールドで赤十字マークと県章をかたどったフラワーアートを置き、来場者を出迎えている。 
 初日は日赤県支部の篠木敏明事務局長、県立図書館の佐久間弘元館長がテープカットした。 
 関連イベントとして心臓病をテーマにした健康講演会が13日午後1時から開かれる。「チェブラーシカ 動物園へ行く」などの映画上映会は14日に催される。20日に救急法講習会、27日に幼児安全法講習会も予定している。いずれも参加無料。 
 イベントへの参加申し込み、問い合わせは日赤県支部へ。 

福島民報社

最終更新:5/4(木) 10:26
福島民報