ここから本文です

花塚山から富士山見えた 「北限証明」記念し報告会 川俣

5/4(木) 9:55配信

福島民報

 福島県川俣町と飯舘村にまたがる花塚山(918メートル)が、富士山が見える北限の山と証明されたのを記念した富士展望報告会は3日、川俣町中央公民館で開かれ、町民らが撮影者の快挙をたたえた。 
 遠距離から見る富士山の研究者で、308キロ離れた花塚山を北限と認定した日本地図センター常務理事の田代博さんが講演した。検証方法などを説明し、撮影に成功した川俣町の会社員菅野和弘さんと自営業斎藤金男さん、宮城県丸森町の会社員大槻功さんの努力を称賛した。 
 パネル討論では撮影者の3人が冬山での撮影の苦労話や、何十回と登った花塚山の魅力などを紹介した。田代さんは観光客向けの案内を充実させる必要性を説いた。 
 佐藤金正町長が撮影者3人と田代さんに感謝状を手渡し、詰め掛けた町民ら約150人の前で北限の山を宣言した。 
 花塚山の山開きは4日に行われる。午前8時半から放鹿神社前で安全祈願を行う。 

福島民報社

最終更新:5/4(木) 10:30
福島民報