ここから本文です

香川照之のすごすぎる昆虫愛にネット騒然。Eテレ「昆虫すごいぜ!」ができるまで

BuzzFeed Japan 5/4(木) 7:55配信

昨年10月に放送され、ネットで大きな話題を呼んだNHK Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」。その名の通り、俳優・香川照之さんがその昆虫マニアっぷりをいかんなく発揮し、知られざる昆虫のすごさを教えてくれる番組です。

エマ・ワトソンにインタビュー。ただし子猫つき。

とにかく、序盤から香川さんの昆虫愛が爆発! 自ら監修したこだわりのカマキリ(メス)の着ぐるみに身を包み、マシンガントークを繰り広げます。

「俳優生活苦節28年、やっと本当にやりたい仕事ができました!」「草むらを見るとムラムラする」「今日の衣装はカマキリの“メス”なので、私のことは『お母さん』と呼びなさい」――などなど、さまざまな名言が飛び出しました。

視聴者からは「香川照之、何やってるの!?」「完全にイメージが変わった」「こんな香川照之見たことない」と感嘆の声が続出。この熱量を番組にしたNHKさんもすごい……。

そんな“問題作”の第2弾が5月5日に放送決定! 「トノサマバッタ」に続く今回のテーマは「モンシロチョウ」。身近なこの昆虫の、魅力や生態を熱く語ります。

しかし……この番組、一体どうやって生まれたんですか? チーフ・プロデューサーの大古滋久さんを直撃。撮影裏話もたっぷり聞いてきましたよ!

30分の打ち合わせのはずが。止まらない昆虫愛

――第1弾、本当に面白かったので第2弾が決まってうれしいです! 画面の向こうから熱気とエネルギーが伝わってくるこの番組、そもそも、何をきっかけに生まれたのでしょうか。

きっかけは、他局の番組です。昨年5月のTBS「櫻井・有吉THE夜会」で、香川さんが「夢はEテレで昆虫番組をやること!」と熱弁していらしたんですよ。

僕はたまたまそれをお風呂上がりに自宅で見ていて。こんな正面からラブコールされちゃうと……なんとか期待に応えたいじゃないですか。

翌朝、早速局の編成と話して、その日中に香川さんの事務所にオファーしました。

――す、すごい速さですね!

せっかくのチャンス、全力でいくぞ! と1分1秒を争ってオファーしました(笑)。

まずは一度お話を、と最初にお会いしたのは6月だったでしょうか。香川さん、お忙しい方なので「まぁせいぜい30分くらいかな」と思っていたら……結局2時間くらいノンストップでお話を聞き続けることに。

もうね、とにかく止まらないんですよ! 昆虫へのあふれる愛が!

――番組でのあの勢いを見れば想像がつきます!

香川さんが昆虫にハマるきっかけになったカマキリにはじまり、トノサマバッタ、クワガタ、クマゼミ、タマムシ……と、昆虫たちの紹介したいポイントやエピソードを次々に語ってくれました。そしてそれが、どれも熱い!

プロデューサーとしてはこの時に「あ、これいけるな」「番組、できたな」と思いました。

――ただ生態に詳しいだけでなく「人間たちよ、昆虫から学べ!」というスタンスなのが印象的でした。

打ち合わせの時も「僕は昆虫から生き方を学んでいるんです」と、力強く何度もおっしゃってましたね。

人間は道具や技術に支えられているけど本当は弱い存在だ、本能で生きる昆虫たちの強さやまっすぐさからこそ、学ぶべきものがある――香川さん自身、日々昆虫の生き方に刺激を受け、励まされているそうです。

映画やドラマの撮影中も「このあたりには確かあれが生息しているはず」と、時間を見つけてふれあいにいくとか。

なので番組も、単に昆虫の生態を香川さんと一緒に紹介するだけでなく、ご自身の思いや熱意が伝わるようなものにしたいと思いました。

1/4ページ

最終更新:5/4(木) 7:55

BuzzFeed Japan