ここから本文です

十勝 サクラ色 続々と繰り出す花見客 2日連続の「夏日」を観測

十勝毎日新聞 電子版 5/4(木) 14:23配信

 ゴールデンウイーク後半の4日、十勝管内は夏を思わせる陽気となり、観光スポットは大勢の家族連れなどでにぎわった。花見も真っ盛りで、満開のエゾヤマザクラの下で焼き肉を楽しむ光景があちこちで見られた。

 帯広測候所によると、午後1時現在の帯広の気温は27・2度と2日連続の夏日となった。帯広市内の緑ケ丘公園では、大勢の花見客が焼き肉に舌鼓を打ちながら、満開のサクラを楽しんだ。隣接する緑ケ丘児童遊園では、子どもたちが水遊びに歓声を響かせていた。

 家族と友人14人で訪れた市内の高田弘和さん(43)は「サクラと水遊びを、毎年楽しみにしている」と、水着姿の子どもたちと焼き肉を楽しんだ。市内の祖母宅に遊びに来た札幌市内の小学3年の男児は「札幌より暑い」と話し、ボール遊びに歓声を上げていた。(折原徹也)

十勝毎日新聞

最終更新:5/4(木) 14:23

十勝毎日新聞 電子版