ここから本文です

「森林浴で“スッ”お風呂で“ホッ”」春の温泉の楽しみ方

5/4(木) 12:00配信

TOKYO FM+

DAIGOがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。日曜日の朝、健やかな暮らしをキーワードに、健康のためのちょっとした心がけ、ストレス解消につながる音楽との付き合い方などをお届けしています。
4月23日の放送では、「春の温泉を狙え!」をテーマに、温泉エッセイストの山崎まゆみさんをゲストに迎えお話を伺いました。

「温泉は寒い季節のイメージ」というDAIGO。たしかに湯けむりのイメージは秋から冬にかけてですが、「春は寒暖の差がありますし、新生活が始まったことで疲れている人も多いですよね」と山崎さん。そんな季節には“森林浴ができる温泉”がオススメとのこと。キレイな空気をいっぱい吸って、温泉でほっこり……したいですよね!

【山崎まゆみさんオススメの森林浴ができる温泉】
かみのやま温泉(山形)では、「クアオルト」という取り組みがされています。クアオルトとはドイツ語で“健康保養地・療養地”という意味なんです。“温泉にも入り、朝は散策をして滞在中に元気になっちゃいましょう!”という取り組みです。
私も実際に朝6時半から1時間、かみのやま温泉の裏山にあるクアオルトルートを歩いてみたんです。朝日を浴びることの気持ち良さとか風の涼やかさとか、自律神経がスッと立つ感じがしました。せっかく温泉に来たんだから朝寝坊しちゃえというのもひとつの手だと思うんですけど、ちょっとお疲れの方がいたら土の上を歩くとか森の中に身を浸すとか、春だからこそ温泉プラスアルファの楽しみ方をしていただきたいなと思います。

◆「展望露天の湯 有馬館」は家族にオススメ!
かみのやま温泉駅へは、東京駅から山形新幹線で2時間半の距離です。しかも駅からは送迎バスがありますので、思ったより遠くない。子どもやお年寄りにも向いています。さらにこちらの送迎バスは車椅子にも対応できます。さらに旅館には家族風呂もあり、非常に家族向きですよ。

【他にもあるよ! 春にオススメの温泉】

――カップル向け
◆たんげ温泉 美郷館(群馬)

こちらは大元が材木商のお宿なんです。なので一歩足を踏み入れると、たくさんの木があしらわれていて、木の美術館かと思っちゃうくらいです。さらに秘境の一軒宿なので外の空気も気持ちいいんですけど、館内の空気のほうがきれいだと感じます! 木が私たちの呼吸を吸って、キレイにしてくれているのかなと思えるような旅館です。
しかもお部屋は18室だけ! でもお風呂は6つもあり、その中の2つは貸切風呂となっています。(一部屋だけ露店風呂の付いたお部屋もあります)
しかも、瀬音の湯という大浴場があるんですけど、朝は女性専用なんです。大浴場にあるステンドグラスから綺麗な光が差し込んできて、その朝日の中でお風呂に入ることができます。

――1人向け
◆乳頭温泉郷 妙乃湯(秋田)

初めて1人で温泉に行く女性におすすめです。20年以上前ですが、女将さんご自身が病気をされて、こちらで湯治をして復帰された旅館なんです。だからこそ働く女性に温泉の力で元気になってほしいと思っているので、全てに対して女性に優しい宿です。

(TOKYO FM「太田胃散 presents DAIGOのOHAYO-WISH!!」2017年4月23日放送より)

最終更新:5/4(木) 12:00
TOKYO FM+