ここから本文です

JR宗谷線「秘境駅」今年もラリー 存続へ利用促進策 稚内市、豊富町も参加を検討

北海道新聞 5/4(木) 12:20配信

 【幌延】人里離れたJR宗谷線の「秘境駅」を巡る秘境駅ウオーキングラリー(町主催)が4月から始まった。地域活性化に秘境駅を生かそうと、町内全8駅を対象に昨年初めて実施。今年は稚内市、豊富町とラリーの共同実施を検討しており、幌延町は「宗谷線を存続させる利用促進策として、昨年以上にラリーを盛り上げたい」としている。

 幌延は、糠南(ぬかなん)駅や雄信内(おのっぷない)駅など6駅が人気サイト「秘境駅へ行こう!」の100位以内で、町は鉄道資産の活用を観光振興の柱に据えている。ラリーは4月15日に始まり、今年も駅への行き帰りや途中で列車に乗ることが条件。歩行距離に応じて1~5点が与えられ、合計で6点以上集めると携帯ストラップなど秘境駅グッズがもらえる。

北海道新聞

最終更新:5/4(木) 12:20

北海道新聞