ここから本文です

はだしで砂浜を駆け抜ける 高知・黒潮町

テレビ高知 5/4(木) 17:01配信

テレビ高知

黒潮町では砂浜を裸足で走るマラソン大会が開かれました。ランナーたちは潮風を受けて気持ち良さそうに走っていました。

32回目となった「大方シーサイドはだしマラソン全国大会」には県内をはじめ関東や中四国から1436人が出場しました。コ-スは長い砂浜を走る4キロと6キロで、4キロには親子や夫婦などペアの部も設けられました。ランナーたちは親子で手をつないだり子どもを抱えたりと思い思いのスタイルで波打ち際を駆け抜け、ゴールを目指しました。

「めっちゃ、気持ちいいです。最高!」
「風が向かい風で、行きは結構、しんどかったです。でも、気持ち良かったです。」
「楽しかった!」

砂の感触を確かめながら完走したランナーの皆さんは清々しい表情を見せていました。

最終更新:5/4(木) 17:01

テレビ高知