ここから本文です

eスポーツ 徐々に人気上昇中/富山

チューリップテレビ 5/4(木) 23:47配信

 デジタルゲームをスポーツの競技としてとらえた『エレクトロニック・スポーツ』通称『eスポーツ』を、ご存知でしょうか。

 この『eスポーツ』を富山に根付かせ地域活性化につなげようと奮闘する男性もいて、徐々に競技人口が増えてきています。
 今、未来型の新たなスポーツとして、『eスポーツ』に注目が集まりつつあります。
 eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略で、練習して技術を身に付けることにより、レベルアップするゲームのことです。
 欧米や韓国では賞金をかけた大会があり、有名なプロゲーマーにもなると、数億円を稼ぐと言います。
 国内でも、徐々に人気が高まり、去年初めて東京の専門学校にプロゲーマーになるための学科が開設されました。
 このeスポーツを県内で普及さえようと取り組んでいるのが、射水市の堺谷陽平さんです。
 去年9月に日本eスポーツ協会の加盟団体として、県eスポーツ協会を立ち上げました。
 堺谷さんは、去年、ゲーム好きが集まる交流の場として高岡市にオタクバー『ジョイン』をオープン。
 対戦イベントを定期的に開き、高校生から社会人までさまざまな人に愛されています。

 境谷さんが企画したこのイベント。およそ50人が参加し、その3割が県外からでした。開いた場所は、なんと、若鶴酒造の大正蔵です。
 今回のイベントは、オールナイトで日本酒を楽しみながらeスポーツを楽しむというもの。
 堺谷さんが、「イベントと地域の活性化が結びつけば」と考えて発案しました。
 ゲーマーにとって夢のようなひと時は、翌日の夕方4時まで続きました。
 eスポーツは、今年スポーツの国際大会「2022年アジア競技大会」の正式なメダル種目となりました。
 もしかすると、富山からもスポーツの日本代表が生まれるかもしれません。

チューリップテレビ

最終更新:5/4(木) 23:47

チューリップテレビ