ここから本文です

北海道で今年初の真夏日 オホーツク海側で31.2℃

5/4(木) 15:27配信

ウェザーマップ

 北海道では4日、今年初めて30℃を超え、季節外れの暑さとなった。山越えの風によって気温が上がるフェーン現象と強い日ざしの影響で、オホーツク海側の置戸町境野では午後2時半頃に31.2℃を記録した。

 そのほか、午後3時までの最高気温は帯広で29.4℃、札幌で26.1℃など、各地で真夏並みの暑さとなり、気象庁は4日午前、網走・北見・紋別地方に高温注意情報を発表し、急な暑さによる熱中症に十分注意するよう呼びかけた。北海道では3日も、釧路市中徹別で28.4℃を記録するなど気温の高い状態が続いていた。5日は北海道東部を中心に気温が大幅にさがるが、札幌では2日続けて25℃の夏日が予想されている。

最終更新:5/4(木) 15:37
ウェザーマップ