ここから本文です

ロンドンの政治顧問は夜、ドラァグクイーン「ナンシー」になる

5/4(木) 16:57配信

BuzzFeed Japan

スコットランド国民党の最高ランクの政治顧問と、ロンドンで最も愛されるドラァグクイーン。この二人は実は、同一人物だ。「ナンシー」ことネイサンが、二重生活をする理由とは。【Patrick Strudwick / BuzzFeed Japan】

その人の物語を知れば憎しみはなくなる。裸の肖像に込められた思いとは

ロンドン南部、クラパムの狭苦しい白いベッドルームで、スコットランド国民党(SNP)で最も信頼される政治顧問のひとりが、口をとがらせながらブラシで深紅の頬紅を広げる。次にアイシャドーを塗り、眉にさまざまな色のアーチを重ねていく。だが睫毛には何もつけない。

「私はスニーカーを履いたドラァグクイーン。付け睫毛をつける必要なんてない」と彼は言う。

ネイサン・スパーリングは26歳。身長は195センチあり、お世辞にもスマートな体型とは言い難い。「僕のぜい肉は元気すぎるんだ」と皮肉の聞いたジョークを飛ばす。

彼の声はソフトでよく通り、スコットランド東部特有のファイフ訛りがチューバのような快活さで響く。政治の世界やドラァグクイーンの仕事がもしうまく行かなくなったら、タウン・クライヤー(かつて公の通知や布告をふれ回った街の広報員)にでもなったら良さそうだ。

右側にある棚には、黒髪のカツラとベージュ色のブラジャー、年代物のウォッカとコカコーラが置かれている。部屋にはヘアスプレーの臭いが充満してむせかえりそうだ。

1週間前、スパーリングの秘密裏の戦略とキャンペーンのおかげで、SNPは英下院で大勝利を得た。SNP所属の国会議員のひとりが提出した法案が、投票の結果138対1で可決されたのだ。それによって、女性への暴力に対する取り組みを各国に課した「イスタンブール条約」(Istanbul Convention)が批准されることとなった。

同日スパーリングは、自身の政治アカウント「@nathansparkling」から、「今、歴史が作られた。#ICBillを現実のものにするために少しでも役に立てたことを誇りに思う」とツイートした。

取材の日の夕方、スパーリングは、ベッドの上にノートパソコンを広げて「ペット・ショップ・ボーイズ」の曲をかけながら、ソーホーで最も有名なパブのひとつ「アドミラル・ダンカン」(Admiral Duncan)で週に一度開催される夜のカラオケ大会に向けて準備をしていた。イベントのホステス、ナンシー・クレンチに変身するのだ。彼女は、ロンドン最大のLGBTクラブ「ヘブン」(Heaven)でもレギュラーの仕事があり、Twitterのアカウントも持っている。そう、ナンシー・クレンチはスターなのだ。

BuzzFeed Newsが初めて街でナンシー・クレンチに会ったのは2016年6月だった。そのときソーホーでは、フロリダ州オーランドのクラブで起きた銃乱射事件の被害者たちのための追悼会が行われていた。群衆の先頭に立っていた彼女は、ひどく落ち込んだ様子ではあったが、Facebookのライブインタビューで熱いメッセージを語ってくれた。

その時BuzzFeed Newsは、ロンドンのゲイコミュニティの中心地、オールド・コンプトン・ストリートのこの正義感の強い歌姫が、Twitterに時おり不意に登場する、スーツを着てメガネをかけた、スコットランド主要政治家の熱心な政治顧問と同一人物だとは、まったく気づいていなかった。

彼がここへ至るまでのみちのりは、決して平坦ではなかった。

政党と何らかのつながりをもつドラァグクイーンはこれまで、他の国にも何人かいた。ドイツのオリビア・ジョーンズ(本名オリバー・クノーベル)は2017年2月、いずれは「緑の党」党首候補に立候補したいという野心を明らかにした。政治家がドラァグクイーンであることもある。たとえば、アイスランドの首都レイキャビクのヨン・ナール市長は、2010年のプライド・パレードに女装姿で参加した。

だが、新聞記者が電話ボックスでスーパーマンになるかのように器用に切り替えを行いつつ、ふたつの世界で同時にキャリアを築いている人はほかにいない。

また、LGBTの権利擁護に関する政策をSNPほど劇的に変えた政党もほかにない。かつて、反同性愛を声高に訴えた起業家ブライアン・ソーターを支持していた政党が、現在はLGBTの国会議員が世界一多く所属する党になっている。そして、その昔はウイスキーと男性優位主義にどっぷり浸かっていたスコットランドが、今では、社会的にも政治的にも、LGBTの権利擁護を主導している。

ふたつの世界をまたにかけるネイサン・スパーリングは、その最も大胆不敵な象徴だ。

スパーリングによると、ナンシー・クレンチという名はジュディ・デンチの芝居に登場するという。時刻が夕方から夜へと変わり、彼の居場所がベッドルームからバーへと変わった時、BuzzFeed Newsは、サナギから蝶が飛び立つ瞬間を目撃した。そして、彼が演技をしているのではないということがわかってきた。

その最初のきっかけをくれたのは、スパーリングが鏡に向かってメイクをしている時の表情だ。生意気さと自省の両方が、スイッチひとつで切り替わる。乱痴気騒ぎでヘトヘトになりながら、自身について冷静に見る人間を見ているのは興味深い。まるで「こんにちは、可愛いナンシー、さあ、とんでもないイタズラを仕掛けましょうか?」と言っているようだ。

この数日前、BuzzFeed Newsはウェストミンスターにある彼の事務所に招かれ、政治顧問の姿をした彼と会ったのだが、その時に理解したものがなければ、このふたつの人格のつながりは、もっと単純に見えていただろう。

スパーリングの二重生活は、政治と女装、ネイサンとナンシーの分離ではない。その本質はまったく違うどこかにある。

1/4ページ

最終更新:5/4(木) 17:17
BuzzFeed Japan