ここから本文です

西武池袋線で人身事故 男性死亡…走行中に異音、列車に接触か/所沢

埼玉新聞 5/4(木) 22:01配信

 4日午後2時45分ごろ、埼玉県所沢市南住吉、西武池袋線の踏切で、男性が池袋発飯能行き下り急行列車(10両編成)にはねられ、全身を強く打って死亡した。所沢署は男性の身元の確認を急ぐとともに、詳しい原因を調べている。

 同署によると、男性は40~80代、身長165~170センチ。青いネルシャツに灰色ズボン、運動靴姿。ズボンのポケットに硬貨が数枚、胸ポケットに使い捨てライターが入っていたほか、身元が分かる所持品はなかった。

 現場を通過中、異音に気付いた車掌から連絡を受けた運転士が緊急停止。車掌らが車外に倒れている男性を発見した。現場の状況などから、同署は男性が走行中の列車の側面に接触したとみて、事故と自殺の両面で捜査している。

 西武鉄道によると、同線は池袋―飯能間の運転を見合わせ、午後3時25分に再開した。上下52本と乗客約2万人に影響が出た。

最終更新:5/5(金) 0:02

埼玉新聞