ここから本文です

母の日に青いカーネーションを 「ムーンダスト」輸入ピーク 成田空港

5/4(木) 11:12配信

千葉日報オンライン

 5月14日の「母の日」を前に、成田空港で、青いカーネーション「ムーンダスト」の輸入がピークを迎えた。空港近くの芝山町菱田の倉庫では、女性従業員らがコロンビアやエクアドルなどから空輸されたばかりの花々の箱詰め作業に追われた。

 「ムーンダスト」は、輸入元のサントリーフラワーズ(東京都)が遺伝子組み換え技術によって1995年に開発した世界初の青い品種。赤道に近い標高約2500メートルの高地で生産され、日照の強さによって紫色に近い美しい色が引き出されるという。

 同社は、母の日に向けて約90万本を輸入する予定。同社の金山千恵さんは「一般的な赤やピンクとは違った珍しい色のカーネーションを感謝の思いを込めてプレゼントして、幸せを感じてもらえれば」と話した。

Yahoo!ニュースからのお知らせ