ここから本文です

【スーパーGT】富士決勝GT300レポート:#51 JMS LMcorsa RC F GT3戦略バッチリ、大逆転優勝! RC F GT3初優勝

5/4(木) 18:01配信

motorsport.com 日本版

 スーパーGT第2戦、富士500kmレースの決勝が行われ、#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一/坪井翔)が”ロングラン”で差を詰め、大逆転で優勝を飾った。

【ギャラリー】スーパーGT第2戦富士

 ゴールデンウィーク中の開催となる第2戦。富士スピードウェイにはファンが大勢駆けつけた。気温19度、路面温度29度というコンディションの中でレースがスタートした。

 なお、前日にタイヤバーストによるクラッシュでマシンが大破してしまった#360 RUNUP GT-R(柴田優作/田中篤)はリタイアを届け出ており、決勝をスタート出来ず。#50 Ferrari 488 GT3(都筑晶裕/新田守男)は前戦岡山でのクラッシュの影響で富士をエントリーを取り消しており、GT300クラスは28台のマシンで争われた。

トップ2のメルセデスAMG、後続を突き放す

 ポールポジションの#4 グッドスマイル 初音ミク AMGの片岡龍也がまずまずのスタート。トップ3はグリッド通りで1コーナーを抜けたが、#11 GAINER TANAX AMG GT3のビヨン・ビルドハイムが、#9 GULF NAC PORSCHE 911の峰尾恭輔をダンロップコーナーでオーバーテイクし、2番手に浮上した。

 2周目、6番手#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)の背後に#7 Studie BMW M6(荒聖治)がぴったりとつけ、ダンロップコーナーでオーバーテイクを成功させた。#61 SUBARU BRZ R&D SPORTはペースが上がらず、8番手までポジションを落とした。

 4周目、#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一)が、#9 GULF NAC PORSCHE 911の峰尾にメインストレートで並び1コーナーで前に立った。峰尾は追いすがるも、コカ・コーラコーナーで中山が3番手を確保した。

 トップの#4 グッドスマイル 初音ミク AMGと2番手#11 GAINER TANAX AMG GT3は1.4秒ほどの差。トップ2のみが1分39秒台をマークし、3番手との差がじわじわ開いていく展開となった。

 10周目、8番手までポジションを上げていた#33 D’station Porsche(藤井誠暢)だが、レクサスコーナーでスピンを喫し23番手までポジションを落とした。どうやら、#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一)との接触があったようだ。

 16周目を終え、#4 グッドスマイル 初音ミク AMGがペースをあげれば#11 GAINER TANAX AMG GT3が反応する形で、ギャップは変わらず。ただトップから3番手#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3のギャップは6.5秒、4番手#9 GULF NAC PORSCHE 911までは10.5秒の差が開いた。

 片岡にタイムロスがあったか、トップ2台の差は28周目に急接近。アドバンコーナーで膨らんだ片岡のイン側に#11 GAINER TANAX AMG GT3のビルドハイムが飛び込んだ。サイド・バイ・サイドでダンロップコーナーに進入するが、イン側の片岡がかろうじてトップをキープした。

 メインストレートに戻ってくると、#4 グッドスマイル 初音ミク AMGはピットに向かい、谷口信輝にバトンタッチ。47.8秒の作業時間でコースに送り出した。その翌周、#11 GAINER TANAX AMG GT3もピットへ。平中克幸は#4 グッドスマイル 初音ミク AMGの眼の前でコースに復帰し、アンダーカットに成功。しかし、タイヤが暖まっている谷口はアドバンコーナーで平中を捉え、ポジションを取り返した。

 ピットに入らずトップを走行していた#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3の中山は、ハイペースで引っ張り続け42周目でピットイン。坪井翔にステアリングを託した。ただ、右のフロントタイヤの交換に手間取り、62.2秒の作業時間でピットアウトした。

1/2ページ