ここから本文です

【WEC】ロペス、開幕戦の事故の影響でスパ6時間を欠場。7号車は可夢偉&コンウェイがドライブ

5/4(木) 18:40配信

motorsport.com 日本版

 ホセ・マリア・ロペスがWEC(世界耐久選手権)第2戦スパ6時間レースを欠場することが、TOYOTA GAZOO Racingから発表された。これにより、TS050 HYBRIDの7号車は、マイク・コンウェイと小林可夢偉のふたりがドライブすることになる。

【写真】開幕戦で大クラッシュを喫し、大破したTOYOTA TS050 HYBRIDの7号車

 ロペスは4月に行われた今年のWEC開幕戦シルバーストンの決勝中に激しくクラッシュ。脊椎2カ所に軽度のダメージを負ってしまった。本人は第2戦までに回復できると考えていたが、FIAの医療責任者及びチームの専属医の判断により、ル・マン24時間レースに万全の形で出走するためにも、今回のレースを欠場することを決めた。

「僕はスパでTS050 HYBRIDをドライブすることを楽しみにしていたので、今週末のレースに欠場することになってしまったのは、非常に残念だ」

 ロペスはそうコメントを発表している。

「僕の身体は基本的には問題ないが、僕らはレースに参加しないことに同意した。最優先事項は、ル・マンに合わせることだからね。他のコースだったら、おそらく僕はレースすることができるはずだ。しかし、オー・ルージュではドライバーの身体に極端な力がかかる。そのため、FIAのメディカルデレゲートやチームドクターと話し合った結果、僕は今週末にドライブしないことを決めた」

 ロペスは今月末に行われるテストで、TS050 HYBRIDのコクピットに復帰する予定。6月4日から始まるル・マン24時間レースの公式セッションに照準を合わせている。