ここから本文です

北朝鮮「異例」批判に中国が逆批判

ホウドウキョク 5/4(木) 18:34配信

3日、北朝鮮メディアが友好国である中国を名指しして異例の批判を展開したのに対し、中国共産党系のメディアは、「非理性的な考えに陥っている」などと逆批判した。
朝鮮中央通信は3日、「キム・チョル」という人物の論評の中で、中国について「中朝関係の根本を否定して、親善の伝統を抹殺しようとしている」などと名指しで批判した。
これに対し、中国共産党系の環球時報は4日、「感情的な論戦文章」だとしたうえで、「非理性的な考えに陥っている北朝鮮との論戦に付き合う必要はない」などと論評した。
さらに、記事では「新たに核実験を行えば、中国がこれまでにない厳しい対応をすることを理解させなければならない」と警告した一方で、「中朝は、ハイレベルによる疎通が必要だ」などと指摘している。

最終更新:5/4(木) 18:34

ホウドウキョク