ここから本文です

高嶋さん初の氏政役に 小田原北條五代祭り

カナロコ by 神奈川新聞 5/4(木) 11:55配信

 小田原城を拠点に5代、約100年にわたり関八州を掌中に収めた戦国大名・後北条氏をしのぶ「第53回小田原北條五代祭り」が3日、小田原城址公園(小田原市城内)を中心に開かれた。初代早雲役を小田原ふるさと大使で俳優の合田雅吏さん(47)が、4代氏政役を俳優の高嶋政伸さん(50)がそれぞれ初めて務めた。

 市観光協会の主催。メインのパレードでは総勢約1640人が最長約2・7キロを練り歩き、約25万人(主催者発表)が華やかな戦国絵巻に酔いしれた。高嶋さんは、昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」に氏政役で出演。テレビ番組で「小田原城、1回も呼ばれていない」と発言したのを知った市観光課がオファーした。

 高嶋さんは馬上から笑顔で手を振り、沿道からの声援に応えた。観客の求めに応じ、父・高島忠夫さんでおなじみの、親指を立てる「イェーイ」のポーズを取る場面もあった。

 終了後、高嶋さんは小田原の印象を「自分のふるさとに帰ってきたような懐かしさがあった」と語り、パレードに参加して「初めて本当に氏政公になれた気がする」と感激した様子。

 大役を終えた合田さんは「かなり緊張したが、馬上から全ての観客の顔が見えて楽しかった」と振り返った。

 歴史に興味があり毎年観覧に訪れるという藤沢市の室前世津子さん(70)は「高嶋さんはりりしくて格好良かった」と笑顔で話した。

最終更新:5/4(木) 11:55

カナロコ by 神奈川新聞