ここから本文です

ヒツジの毛刈り 富山市ファミリーパーク

北日本新聞 5/4(木) 17:26配信

 毎年恒例のヒツジの毛刈りが4日、富山市ファミリーパーク(同市古沢)で行われ、12歳の雄「ダイゴロウ」が夏に向けてすっきりと衣替えした。

 職員はヒツジの特徴などを解説しながら、専用のバリカンを使い約30分で毛約3キロをカット。黒っぽく汚れた毛を刈り終えると、会場から拍手が起こった。刈った毛は希望者に配られた。同市布市新町の加納幸来(ここ)さん(6)は「ヒツジが気持ち良さそうだった」と笑顔で話した。

 ヒツジは毛が抜け替わらず、放っておくと暑さで体調を崩しかねないため、同パークでは毎年5月と7月下旬から8月の間に実施している。毛刈りは5日の午後1時30分からも行われる。

北日本新聞社

最終更新:5/4(木) 17:26

北日本新聞