ここから本文です

阪神・藤浪、与四球7も3勝目 金本監督「野手の事を考えると…」

ベースボールキング 5/4(木) 17:30配信

● ヤクルト 1 - 7 阪神 ○
<6回戦 神宮>

 阪神の藤浪晋太郎が、7つの四死球を出しながらも、7回1/3を1失点に抑え、3勝目を手にした。

 この日も立ち上がりから制球が不安定だった。初回、簡単に二死を奪ったが、3番・山田哲人、4番・バレンティンに対し、いずれも1球もストライクが入らず連続四球。続く5番・雄平に内野安打で満塁のピンチを招いたが、武内晋一を中飛に打ち取り、無失点で切り抜ける。

 7点リードとなった5回は、先頭の中村悠平、谷内亮太を連続四球。代打・大松尚逸を内野ゴロに仕留めたが、続く坂口智隆の内野ゴロの間に三塁走者の生還を許し1点を失った。

 藤浪は6回以降も毎回のように走者を背負う苦しい投球となったが、ホームには走者を還さず、8回途中1失点でマウンドを降りた。

 金本知憲監督は「らしいといえばらしい。野手の事を考えると、四球7つはちょっとな」と苦言。それでも、8回途中を1失点に抑えたこともあり「褒めてやらないといけない」と話していた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/4(木) 17:36

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 13:35