ここから本文です

米下院:総額132兆円の歳出法案を可決、民主党に譲歩-上院も採決へ

Bloomberg 5/4(木) 12:32配信

米下院は3日、政府機関閉鎖の回避に向けて、9月末までの政府運営に必要な資金を確保する総額1兆1700億ドル(約132兆円)の歳出法案を可決した。上院を通過すれば、トランプ大統領は法案に署名する予定。

下院採決は賛成309、反対118。上院のマコネル共和党院内総務は4日に採決を行う意向を示している。同歳出法案では医療研究など国内予算の180億ドル削減と「国境の壁」の建設資金の計上が見送られ、民主党はトランプ大統領が求めていた優先事項の多くを盛り込まないことに成功した。

米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長は、歳出法案で国防総省予算が210億ドル(オバマ政権による60億ドル含む)増額されたことは、共和党の勝利だと述べた。

原題:House Passes Spending Bill That Omits Most Trump Priorities (2)(抜粋)

Anna Edgerton, Erik Wasson

最終更新:5/4(木) 12:32

Bloomberg