ここから本文です

【ムエローク】天才ムエタイ少女・伊藤紗弥、復帰戦の相手が決定

5/5(金) 12:07配信

イーファイト

 6月18日(日)東京・新宿FACEにて開催される『ムエローク2017 2nd』。同大会で1年3カ月ぶりの復帰戦を行う“天才ムエタイ少女”伊藤紗弥(尚武会)の対戦相手が決定した。

【フォト】伊藤紗弥の華麗なるミドルキック

 今大会では日本vsタイ団体戦として6対6マッチが組まれ、伊藤はその大将戦でラングラディ・ソーバンシィー(タイ)と対戦する。ラングラディは伊藤よりも10㎝以上長身で、ヒジ打ちを得意とする選手。伊藤は『久しぶりなので試合勘が戻るかが不安です。しかし強い選手との攻防は1ラウンド毎が楽しくて会長と作戦を練っています」と語っている。

 伊藤は4歳でキックボクシングを始め、ほぼ男子を相手に40勝以上、ジュニアタイトル4階級制覇を成し遂げ、93戦して88勝。中学2年生時の2012年12月にはプロのタイトルであるWPMF女子世界ピン級暫定王座を獲得(タイでは年齢制限がないためプロとして試合を行った)。2014年に高校進学と同時に日本でプロデビューすると、4戦目でWPMF日本ピン級王座(2度防衛)を獲得、2015年9月にはWPMF世界女子ピン級王座を奪取した(2度防衛)。

 2016年3月の試合で一時期リングから離れたが、今春高校を卒業してリングに復帰。昨年8月にWPMF世界女子ピン級王座を返上し、選手層が薄いピン級からアトム級に階級を上げる。

最終更新:5/5(金) 12:07
イーファイト