ここから本文です

ピンク色のカレーだと? 岩下の新生姜をたっぷり使ったレトルトカレーが登場

ねとらぼ 5/5(金) 7:10配信

 “岩下の新生姜”を使ったピンク色のレトルトカレー「ピンクニュージンジャーカリー」が5月13日に岩下食品から販売されます。

【拡大画像】ピンク色のカレー

 今回のカレーの中で食感がある具材は“新生姜”のみ。マイルドなホワイトカレーに粗みじんにした新生姜を15%(内容量180グラムのうち27グラム)配合してあり、シャキッとした食感と爽やかな辛味と風味が楽しめるとのこと。

 同社の新生姜はカレーの付け合わせやトッピングに使われることも多く、「新生姜を具材としてたっぷり使用したカレーを楽しんで欲しい」という思いから宮島醤油・宇都宮工場とコラボ。イメージカラーのピンク色の表現にこだわり、16カ月の開発期間を経て商品化が実現したそうです。

 価格は税別580円。岩下の新生姜ミュージアムと岩下の新生姜ミュージアムショップin秋葉原では5月13日から、岩下食品オンラインショップでは5月15日13時から発売されます。

 5月1日からは岩下の新生姜ミュージアム館内のカフェ「CAFE NEW GINGER」で、レトルトカレーをベースにスパイスやフライド新生姜などをトッピングしたオリジナルメニュー「ピンクニュージンジャーカリー(税込800円)」の提供をスタート。こちらのレシピは同社のサイトでも見ることができます。

最終更新:5/5(金) 7:10

ねとらぼ