ここから本文です

アン・シネ 華麗に日本デビュー 膝上30センチ!セクシークイーンに大フィーバー

5/5(金) 5:00配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・ワールドサロンパスカップ・第1日」(4日、茨城GC=パー72)

 韓国で「セクシークイーン」と呼ばれて人気のアン・シネ(26)=NOWON=が日本ツアーに鮮烈デビューを果たした。トレードマークになっている膝上30センチの超ミニスカートからすらりと伸びた長い脚を惜しげもなく披露。ゴルフは1バーディー、4ボギーの3オーバー75で53位だったが、わずか1日にして日本の男性ファンのハートをわしづかみにした。川岸史果、岡山絵里、柏原明日架が4アンダー68で首位に並んだ。

【写真】ファンサービス!?超々ミニのバックショットに男性ファンはドキドキ

 多くの男性ギャラリーを引き連れ、アン・シネがフェアウエーをかっ歩した。白のウエアの胸元ははち切れんばかりに豊かで、黒のミニスカートは膝上30センチの超ミニ。「セクシークイーン」のニックネーム通り、お色気たっぷりの日本デビュー戦となった。

 慣れない日本の芝に手こずり、バーディーは17番の1個だけ。第1日は3オーバー53位発進と不本意な結果になったが、緊張しっ放しの18ホールを無事終了し「今日はルーキーになったような気持ちでプレーさせてもらいました。終わってほっとしました」とチャーミングな笑顔で振り返った。

 注目度は半端ではなかった。大会前から話題になっていた“アン・シネ効果”もあって、この日のギャラリー数は、初日としてはツアー史上最多の1万3097人に達した。ホールアウト後にクラブハウス横で行われた即席サイン会では、われ先にとサインを求める男性ファンが押し寄せ、大会運営サイドがアン・シネの身の安全確保を優先し、いったん打ち切った。

 再開後はにこやかな笑みを浮かべながら約40分間、予定の200人を大幅に超える約500人にサインした。「自分が見られているのはよく分かりました。グリーンからティーグラウンドへ行く途中拍手が絶えず、ありがとうという言葉を1000回くらい言いたい気持ちでした」。日本語で「ありがとう」と言い、感謝の気持ちを表した。

 日本ツアー初出場で予選突破をかける2日目は、ピンクの超ミニスカートとソックス、黒のウエアで決める予定。引き続き高い注目を集めるのは確実だが「日本のギャラリーはカメラのシャッターを押す人がいないし、すごくマナーがいいので、とてもプレーしやすいです」。お色気だけでなく、今度はゴルフでも“魅”せる。

Yahoo!ニュースからのお知らせ