ここから本文です

「2018年には驚かせてみせる」とルノー すでに来季型車開発をスタート

TopNews 5/5(金) 7:59配信

マネジングディレクターとしてルノーF1チームを率いるシリル・アビテブールが、2018年にはF1界を驚かせてみせるつもりだと語った。

2015年シーズン末にロータスを買収し、翌2016年から再びフルワークス体制でのF1挑戦を開始したルノー。さすがに2016年は苦戦を強いられ、コンストラクターズランキングも9位に沈んでしまった。

■予選で速さを示す今年のルノー

迎えた2017年シーズンも、ここまで4戦を終えた時点で獲得したのは合計4ポイントのみで、ランキングも8位となっている。しかし、予選ではフォース・インディアから移籍してきたニコ・ヒュルケンベルグが第2戦以降3戦連続で予選Q3に進出するなど、戦闘力が向上してきているのは確かだ。

しかし、ルノーとしては今季も過渡的なシーズンだとの位置付けで戦っており、2018年から本当の勝負に挑んでいくことを計画している。そして、ルノーではすでに2018年型車の開発に着手しているという。

■来季から表彰台争いに加わる

「一歩ずつ進むことが重要なんだ」

ロシアの『Championat(カンピオナ)』にそう語ったアビテブールは、次のように続けた。

「我々の計画では、来季中には表彰台争いができるようにしなくてはならない。確かに、現在の差は大きい。だが、チームの全員が計画を実現するために休みなく働いているよ」

■すでに2018年型車開発をスタート

「正直な話、2018年型車はフレッシュな我々の人材だけですべてが製造される最初のクルマになる。今年のクルマはある程度の限界のもとで生み出されたものだったんだ」

そう語ったアビテブールは次のように締めくくっている。

「我々はすでに来季のクルマに取り組み始めている。そして、我々の2018年型車には誰もが驚かされることになると思うよ」

最終更新:5/5(金) 7:59

TopNews