ここから本文です

シュバインシュタイガー、古巣バイエルンに必要な選手は…スーパースターを指名

GOAL 5/5(金) 11:17配信

現在メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに所属するバスティアン・シュバインシュタイガーは、古巣バイエルン・ミュンヘンのスポーツ・ディレクター(SD)になったら、トレブル獲得のためにネイマールを獲得したいと『Goal』の独占インタビューで語っている。

今シーズン、カルロ・アンチェロッティ監督を招聘したバイエルンは、ブンデスリーガ5連覇を成し遂げたものの、チャンピオンズリーグでは準々決勝で、DFBポカールでは準決勝でそれぞれ敗退した。古巣に大きな変化は必要ないと考えるシュバインシュタイガーだが、「どの選手にバイエルン・ミュンヘンでプレーしてほしいかと問われれば、ネイマールと答える」と、現在バルセロナで活躍するブラジル代表選手の名前を出している。

バイエルンにはすでにドグラス・コスタやラフィーニャなどのブラジル人選手もプレーしており、それがネイマール獲得のヒントになるとシュバインシュタイガーは考えているようだ。しかし、現在ブラジル代表の10番の獲得に最も興味を持っているのは、マンチェスター・ユナイテッドと報じられている。

またシュバインシュタイガーは、ネイマールと親しくなったきっかけについて話した。

「僕はネイマールのファンだ。(元バイエルンのチームメイトである)ダンテを通じて親しくなった。彼はネイマールとセレソンでともにプレーし、ネイマールが僕のシャツを欲しがっていたようだったから、ダンテに渡した。僕たちが対戦するときはいつでも多くのリスペクトを持っている」

「2014年のブラジルワールドカップで僕たちは優勝し、休暇中に偶然彼に出会った。それで何日間か一緒に過ごした。彼はとてもいいヤツで、典型的なブラジル人だ。人間性も良く、僕にとってベストプレーヤーの一人だ」

当時ブラジル代表が地元開催のワールドカップでドイツ代表に1-7で大敗し、その直後にシュバインシュタイガーと親交を深めるネイマールは多くの非難を浴びていた。しかし、その敗戦はネイマールがスーパースターに成長するための転機であったと元ドイツ代表選手は考えているようだ。

「もちろん彼にとって簡単ではなかったはずだ。なぜならブラジルの全国民が新しいロナウドやロナウジーニョが現れるのを心待ちにしていた。しかしネイマールがいれば、彼らの願い通りに全てを勝ち取れると思う。そしていつの日か彼がバロンドールを受賞できると願っている」

GOAL

最終更新:5/5(金) 11:17

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合