ここから本文です

Flowerが“ジェダイローブ”に身を包み登壇!六本木で3,000人が「スター・ウォーズの日」を盛大にセレブレイト

5/5(金) 11:31配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

全米興行収入ランキング歴代No.1を記録し歴史に名を刻み、日本でも興行収入116億円の大ヒットを記録した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。この作品のその後を描いたシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、12月15日についに公開となる。

【詳細】他の写真はこちら

シリーズ1作目にして伝説の始まりとなった『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の全米公開から40 周年を迎えるアニバーサリー・イヤーとなる本年。『エピソード4』以降、作品中で使われ続ける、かの有名なセリフ“May the FORCE Be With You”にちなみ、5月4日(May the 4th)に制定された「スター・ウォーズの日」に、『スター・ウォーズ』を盛大にセレブレイトするイベントが六本木で行われ、女優・山本舞香、人気モデル・池田美優(みちょぱ)、さらにFlower のメンバーが会場に駆け付けた。

日本初お披露目となるカイロ・レンや、キュートなドロイドBB-8、R2-D2、C-3PO、ストームトルーパーが登場し、会場は大盛況となった。

ファッションライブに登場したのは、女優の山本舞香とモデルのみちょぱこと池田美優。山本はキュートなドロイドBB-8をイメージした、白とオレンジ色のドレス、みちょぱはダース・ベイダーを受け継ぐ存在カイロ・レンをイメージした黒と赤のドレスに身を包み、『スター・ウォーズ』ランウェイで会場を沸かせた。

衣装は、世界的デザイナー森永邦彦氏が『スター・ウォーズ』にインスパイアされ手掛けたもので、そのスタイルはもちろん、それぞれのドレスに特殊なライトを当てるとBB-8の柄、赤いライトセーバーの柄が浮かび上がるという、ユニークなドレスとなっている。

みちょぱは、ブラックの生地に真っ赤なライトセーバーのシルエットが浮かび上がるデザインに「黒と赤でかっこいいでしょ? カイロ・レンになりきれた気がしてうれしい!」とドレスをアピール。BB-8 のインスパイアドレスで登場した山本は、「(一緒に歩いた)R2-D2 が可愛い! 普段は黒ばかり着ているんですけど、今日はBB-8 なので白です!」と語り、『スター・ウォーズ』のキャラクターになれたようだと大はしゃぎで会場を盛り上げた。

『スター・ウォーズ』について、「知っているけど初心者」(みちょぱ)、「小さいときからやっていて知っているけど、まだ詳しくはない」(山本)という“SW ビギナー”の2人。とはいえ、2015年に公開された大ヒット作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は観ているそうで、山本は「とっても面白かった! BB-8 とR2-D2 が好き。BB-8 の可愛さに癒される!」と初心者ながらすっかり『スター・ウォーズ』に魅了された様子。

みちょぱも「カイロ・レンが好き! かっこいい!」と、カイロ・レンが大好きになったことを告白。山本からは「後半の(詳しくは言えないけれど)あの“家族”のエピソードがすごかった!」と具体的な話まで飛び出し、『フォースの覚醒』のエンディングに触れ「あの続きが見たい!」と、最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』への期待感を語った。

そしていよいよキュートなドロイドBB-8とR2-D2、C-3POが登場! 2 人はBB-8 がキュートにコロコロと走る姿に「かわいい! すごい!」と歓声を上げ、会場に集まった約3,000人のお客さんとともに大盛り上がり! さらにこの日が“日本初お披露目”となるカイロ・レンが、ストームトルーパーを引き連れて登場すると、会場の熱は一気にヒートアップ。カイロ・レンは赤い十字のライトセーバーを持ち、強力なフォースを放って会場をダークサイドに包み込む。日本で初めてイベントに登場したカイロ・レンの放つパワーに山本もみちょぱも圧倒されていた。

最後に、女性に圧倒的な人気を誇るFlower の6人(藤井萩花、重留真波、中島美央、鷲尾伶菜、坂東希、佐藤晴美)がジェダイローブに身を包み登場すると、会場の盛り上がりは最高潮に!

その後Flower は「スター・ウォーズの日」だけのスペシャルライブを行い、「モノクロ」「やさしさで溢れるように」「MOON JERRYFISH」の3曲を披露。彼女たちと、再び登場したBB-8 の姿に会場に集まったファンから大きな歓声が沸き起こり、Flowerとファンが一体となって「スター・ウォーズの日」をお祝いし、会場は大盛り上がりだった。

この日のイベントの最後を飾るのは『スター・ウォーズ』が大好きなファンに向けてのスペシャルライブ。映画音楽専門吹奏楽団「源」と、世界的なスーパーギタリスト、マーティ・フリードマンがスペシャルコラボし、『スター・ウォーズ』メドレーを披露。日も落ちた六本木の夜空にあの『スター・ウォーズ』のテーマ曲がこだまし、集まった観客は映画の世界に入り込んだかのような体験に酔いしれた。

会場内では、スター・ウォーズキャラクターと写真撮影ができるフォトロケーション、また、ファッション、フード、アートなどで『スター・ウォーズ』を体験することができる“STAR WARS DAY”MATSURI(祭り)も開催され、ネイルアートやフェイスペイント体験、ライブアートなど様々なブースが出店され、訪れた人は様々な語りで「スター・ウォーズの日」を楽しんでいた。

5月4日【May the 4th】は、SWファンからSW初心者女子まで、誰もがそれぞれの『スター・ウォーズ』を楽しむ特別な一日となった。

『フォースの覚醒』のその後を描いたシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知る、驚くべき真実とは?なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか? ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちのあらたなるミッションとは? 2017年、さらなる熱狂と共に幕を開けた40周年のアニバーサリーイヤーとなる12月15日、『スター・ウォーズ』史上最も謎に包まれた衝撃作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がついにベールを脱ぐ。

映画情報
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 全国ロードショー
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』映画サイト
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html