ここから本文です

【巨人】坂本、今季初の単独首位打者!前日に右手死球も「大丈夫です」

スポーツ報知 5/5(金) 6:06配信

◆巨人2―5DeNA(4日・東京ドーム)

 巨人はDeNAに完敗。開幕カード(中日戦)以来の3タテに失敗し、5月は初黒星となった。先発・宮国が2本塁打を浴びるなど4回5失点KO。今季チームは4失点以上した試合で8戦全敗となり、序盤の失点は重かった。打線は坂本勇が6回に反撃の3号2ランを放ち、3安打で打率首位に浮上するなど一人気を吐いたが、結局2点止まりだった。

【写真】6回1死一塁、左越え3号2ランを放った坂本勇

 意地の一発だった。坂本勇は笑顔を見せることなくベースを一周した。5点を追う6回1死一塁。ウィーランドの高めの直球を振り抜いた。打球は猛烈な勢いで、あっという間に左中間席中段に吸い込まれた。2試合ぶりの今季3号2ラン。「高めのボールをしっかりと捉えることができました。手応えは良かったです」と納得の表情で振り返った。反撃ムードを高める一打に、スタンドのG党は思い切りオレンジタオルを回した。

 前日3日の試合ではルーキー水野から右手に死球を受けた。痛さから顔をしかめたが、最後まで交代はしなかった。その根底にあるのは、3年ぶりの「全試合出場」という大目標だ。今季はレンジャーズのダルビッシュに教わった自重を利用した体幹トレも取り入れた。体の軸をさらに鍛え上げ、安定した働きができるよう、陰での努力を怠らない。簡単に痛いかゆい言わないのが、主将の強さだ。

 試合前も打撃練習を含めフルメニューをこなした。右拳を握り「大丈夫です」。ゲームに入れば立て続けに快音を鳴らした。初回2死から左前安打。3点を追う8回にも砂田の初球のスライダーを左前に運び、今季3度目の猛打賞。守りでも3つのゴロを無難にさばいた。この日はチームが相手投手陣をなかなか攻略できなかったが、チームリーダーとして最後までファイティングポーズは崩さなかった。由伸監督も「勇人はいい形で打ってくれた」と称賛した。

 これで5月は3戦10打数8安打、打率8割、2本塁打、3打点と絶好調で滑り出した。「まだ3試合でしょ? (5月が)終わってみてですね」と笑ったが、それでも打率は3割7分4厘に浮上し、今季初めてセ界の打率単独トップに躍り出た。「引き続き頑張ります」と言葉に力を込めた。連勝はストップしたが、背番号6のバットの勢いは止まらない。(長井 毅)

最終更新:5/5(金) 17:52

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 6:30