ここから本文です

中野裕太、ラブラブほっこりデート写真到着!『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』

5/5(金) 9:00配信

cinemacafe.net

Facebookで出会った台湾全力女子のリンちゃんと、日本人緩慢男子なモギさんがゴールインするまでをたどるラブストーリー『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』。このほど、ジエン・マンシュー&中野裕太のラブラブデートを収めた場面写真がシネマカフェに到着した。

【写真】広島県・厳島神社のシーン『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』

台湾に住む元気いっぱいの女の子リン(ジエン・マンシュー)は日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するくらいの立派な“ジャパオタ”。日本を襲った震災の話で世界が揺れているとき、リンのFacebookに、日本人青年から1通のメッセージが届く。彼の名前は「モギ」。モギ(中野裕太)は震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り、興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。リンと茂木とのFaebookでのやり取りが始まり、内容はたわいもないことや、日本のこと、お互いの悩みや日々の出来事を伝え合ううちに交流を深めていく。

そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合わせたことで2人の距離はより一層縮まり、その日を境に、たわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが、2人は幸せだった。お互いの気持ちはいつしか海を越えて…。

SNSで出会った男女が恋におちるという、まさにいまどきの新しいラブストーリーとなる本作は、なんとFacebookで32万以上の「いいね!」を集めた実話。SNSを愛用する人が多い現代社会で、誰の身にも起こりそうな出会いを描いたストーリーは、ドキドキしながらも見守りたくなってしまう。

今回シネマカフェに到着した場面写真は、中野さん演じる「モギさん」と、台湾の人気急上昇中の女優ジエンさん演じる「リンちゃん」の2人のラブラブなデートを収めたもの。広島の厳島神社、浅草寺、江の島、そして長崎ハウステンボスと、日本のさまざまな名所を仲良く楽しむふたりが愛を育んでいく様子が伺え、中野さんの柔和で優し気な雰囲気とジエンさんの愛くるしい表情に、思わず恋したくなること間違いなし!

日本と台湾。生まれた場所、暮らす場所も違うふたりが国境を越え、どのように仲を深めていったのか…Facebookから始まる新時代のラブストーリーとして展開が気になる本作。まずはこちらの場面写真から、幸せいっぱいのふたりのほっこりした空気を感じてみて。

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は5月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。

最終更新:5/5(金) 9:00
cinemacafe.net